2012年08月20日

2012年GW 旅行記108  5月5日 ゴッホ美術館

ちょっと疲れたので休憩します。
DSC04528.JPG
近くにあったカフェに入りますが、ここは最悪!
白人至上主義なのか何なのかわかりませんが、私たちのオーダーは後回し。後から来る客にはどんどん運ばれてるのに、私たちのはいつまで待っても来ません。注文はすぐにしたのに!

いい加減腹が立って、席を立とうとしたらやっと運ばれてきました。
DSC04529.JPG
4.8ユーロ。さっさと退出。

気分を変えて、公園を少し散策。
DSC04530.JPG DSC04533.JPG DSC04536.JPG 

お、ワンコのウンチ袋と思います。ポルトガルでも見かけました。
DSC04537.JPG

ゴッホ美術館は公園のすぐ近くです。
こちらは裏手。DSC04538.JPG

DSC04539.JPG
別館は黒川記章のデザイン。

表の入口に回ると、長蛇の列!
DSC04540.JPG
チケットを買う列です。
駅前のインフォメーションのおじさんの言うことを聞いてよかったです。

DSC04541.JPG
全然進んでない列を横目にさくっと入場。
DSC04647.JPG

DSC04542.JPG
ゴッホ美術館は撮影禁止。
そしてものすごいお客さんの数! さすがにゴッホ。

企画展ではちょうど私の大好きなロートレックもやっていて二重に満足。
別館も見ましたが、盛りだくさんで、ちょっと頭の中が追いつきません。
かなりのエネルギーを使いました。

2時間半滞在しましたが、ゴッホの絵力にやられてくたくたです。
美術館でこんなに疲れたのは 諸橋近代美術館のダリ以来。
絵にものすごいパワーがみなぎっているのでしょうか。

正直、特にゴッホは好きな画家ではないので、美術館に行くつもりは別になかったんです。
キューケンホフ公園に行けなくて、代案として、「フェルメールを見ようかな。じゃあ近くにゴッホ美術館があるからついでに行っとこうかな」ってぐらいでした。

でも行って良かったです。やっぱりお勧めします。
たっぷり時間を取っていくのがよろしいかと。

美術館をでて、最寄りのトラムに乗ります。DSC04543.JPG


にほんブログ村



この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。